So-net無料ブログ作成

小学校の世界、小学生(子供たち)は親の知らないとこで戦っている。 [マインド]








新しい命は、いつか小学生になる。

そこで心配になるのが「いじめ」。

いじめをする側か?

いじめをされる側か?

実際、小学生の間で起きている「いじめ」はどのようなものか?

実例から「いじめ」の正体に迫る。





小学生のいじめは、さまざま・・・

●クラスメイトからの、暴力や言葉の暴力。

●クラスメイトからの、意図的な無視や仲間はずれ。

●不愉快なニックネームをつけられる。

●見た目をバカにされる。

●私物への落書き。


いじめは肉体的、精神的にダメージをうける。




実際、暴力は多い。




叩かれたり、蹴られたり・・・

青あざをつくって帰ってくる小学生。

トイレに閉じ込められる小学生。

私物を隠される小学生。




まわりからの悪口・・・容姿をからかわれる・・・


女の子が見た目をバカにされ、「豚」「デブ」「ブス」と呼ばれ、落ち込んで泣きながら家帰ってくる。

教科書に落書きをされて、ページには言葉の暴力が殴り書きが並ぶ。

下校中に、仲間外れにされ一人で帰宅。一人で下校している時に後ろから罵声を浴びせるクラスメイト。


これだけ起きても、担任の先生は相手をしてくれるケースは少ないようです。


いじめの原因はさまざま。

いじめの内容は陰湿なものが多い。

「わが子がその対象になったらどうしよう・・・」

恐ろしい。

物事には、原因がある。


いじめを実行する人の心理とは?

なぜ、いじめは無くならないのか?

人間は、基本的に自分が「一番かわいい」「一番大切」の心理をもっています。

その心理が引き金で「いじめ」を引き起こしてしまう。

自分を守るために相手を攻撃し、どんな手段を使ってでも自分の自尊心、立場を守ろうとする。

「ストレス」がそうさせる。

家庭のストレス、学校のストレス、習い事のストレス、人間関係のストレス・・・・

そのストレスを発散するために、人に攻撃する。それが快感になったら危険。

いじめを引き起こす子の原因は、コミュニケーションが苦手、普段の生活で常にストレスを感じている、自分に自信がない、友達やクラスメイトが信用できない・・・・

いじめ、相手を攻撃することで、自分を守り、自我をアピール、自分が足りない部分を紛らわせる・・・


いじめの対象にされやすい特徴も存在する。

他人とのコミュニケーションが苦手で相手に伝わらない。

多数の人と目立った違った行動をとるとって、目をつけられる。

他人となじむのに時間がかかる。


・・・・・・


子供の世界でも「空気を読む」が存在する。

大人ができることは何か?

「空気を読む」方法を教えるか?

「子供が抱えているストレス」を軽くする方法を見つけるか?


「親は家庭の経営者」と誰かが言っていた。

親はどうやってマネジメントしていくか?

経営手腕が問われている。








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。